株の空売り

空売りと買いではどちらが勝ちやすいか

株のデイトレーダーも買いが得意な人もいれば、空売りが得意な人もいます。
どちらかと言うと空売りが得意な人の方が多いようです。

 

なぜなら、いろんな銘柄のチャートを観察すると気が付くと思います。
長い陽線より長い陰線の方が多いことに。

 

株価が上がるより株価が落ちていく方がスピードが速いのです。
株価が落ちるスピードが速ければそれだけ利益になるのが速いので
空売りの方が取りやすいと思われています。

 

momey

 

それで実際に空売りをするデイトレーダーは多いですが
空売りにしろ、買いにしろ、インするタイミングが間違っていれば
何をしても利益を出すことは難しくなります。

 

株のデイトレードはタイミングが一番大事ですので
空売りでもインのタイミングが一番大事です。

 

どのタイミングで売るかですが、

 

株のトレードの基本は強きを買い、弱きを売るですが、
空売りの場合あまり弱過ぎる銘柄を売ってもあまり旨味は残っていません。

 

どちらかと言うと、弱い銘柄をうるのではなく
強かった銘柄が上がらなくなったと判断された時に売るのが効率的です。

 

上がらなくなったのを確認するためにはチャート読解力が必要です。
どんなチャートになったら上がらなくなったと判断できるのか
何かサインがあるのか、あるとしたらどんなサインか

 

いろんな条件を組み合わせて空売りのタイミングを判断しなければなりません。

 

このタイミングの取り方を身につけてしまえば
下落スピードが速い分だけ旨味も大きいと言えるでしょう。